日本語 English

CSIRO

CSIRO / BeeGFS
CSIRO / BeeGFS

CSIROについて

Research Organization(CSIRO)は、科学研究を担当する独立したオーストラリア連邦政府機関です。 その主な役割は、コミュニティの利益のために産業の経済的および社会的パフォーマンスを改善することです。

CSIROは世界中の主要組織と協力しています。 キャンベラに本社を置くCSIROは、オーストラリア全体、フランス、チリ、米国に50以上のサイトを維持し、約5500人の従業員を擁しています。CSIROの注目すべき開発には、Wi-Fiテクノロジーの必須コンポーネントである原子吸光分光法の発明が含まれています。 最初の商業的に成功したポリマー紙幣の開発、Aerogardの防虫剤の発明、オーストラリアへの一連の生物学的防除の導入、例えばウサギ集団の防除のための粘液腫症およびウサギカリシウイルスの導入。

プロジェクト背景

Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization(CSIRO)はオーストラリアの2PBすべてのNVMeストレージにBeeGFSファイルシステムを採用し、世界最大のNVMeストレージシステムの1つにしています。 ストレージハードウェアは、32 x Dell PowerEdge R740XDとサーバーあたり24 x 3.2TB NVMeで構成されています。 BeeGFSファイルシステムでNVMeストレージを使用すると、I / Oボトルネックが解消され、「de novoゲノムシーケンスアライメントや医療画像分析」などのプロジェクトのパフォーマンスが向上します。

科学研究組織は、Dell-EMCとPacific Teckとの5年間の契約に署名しました。

新しいファイルシステムは、CSIROの社内スーパーコンピューター全体で共有されます。これには、同じく独自のアップグレードが行われているPearceyスーパーコンピューターや、デル製の新しい400万ドルのBracewellスーパーコンピューターが含まれます。

このプロジェクトのニュース記事:

https://www.itnews.com.au/news/csiro-removes-hpc-bottleneck-with-storage-upgrade-496958

メタデータ:Dell PowerEdge R740XD

ストレージ:Dell PowerEdge R740XD

Pacific Teckの役割

Pacific TeckはDELLと協力して、共同プリセールス契約の一環としてCSIROへの提案を設計しました。 私たちのエンジニアは、BeeGFSをインストールして最適化する際に、お客様の最初の窓口として働きました。 Pacific Teckは、ThinkParQ開発者への架け橋としても機能し、より複雑な問題の解決を支援します。


BeeGFS logo

パラレルファイルシステム

BeeGFS

BeeGFSはユーザーデータを複数のサーバーにユーザが意識することなく分散。 システム内のサーバーとディスクの数を増やすことで、ファイルシステムのパフォーマンスと容量をご要望のレベルまで容易に拡張することができます。小さなクラスターから数千ノードのエンタープライズクラスのシステムまでシームレスに拡張可能です。