日本語 English

A*STAR

A*STAR

A*STAR GISについて

シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)のゲノム研究所であるGIS(Genome Institute of Singapore)は、人類遺伝学、感染症、癌治療学および層状腫瘍学、幹細胞および再生生物学、癌幹細胞生物学、計算およびシステム生物学の研究に焦点を当てています。主にシンガポールの国家的ニーズの領域に合わせた研究開発をサポートを行っています。これらは、米国の5年間のR&D計画の下で設定されたAdvanced Manufacturing and Engineering(AME)、Health and Biomedical Sciences(HBMS)、Urban Solutions and Sustainability(USS)、Services and Digital Economy(SDE)の4つのテクノロジードメインにまたがっています。

プロジェクト背景

A*STAR GISは、Dell PowerEdge R740を使用する288TB 15K SASファイルシステムにBeeGFSを採用しています。 GISは、相互接続および15K SASドライブとしてInfiniBand FDRを使用しています。 BeeGFSを使用すると、A*STARは高速InfiniBandインターコネクトによって利用可能になった帯域幅を十分に活用できます。

以下のシステム情報とパフォーマンス成果をご覧ください

メタデータ: Dell PowerEdge R740XD

ストレージ: Dell PowerEdge R740XD

Pacific Teckの役割

Pacific TeckはA*STARと協力してストレージシステムを設計しました。 Pacific Teckは、シンガポールの現場で設置サービスを提供しました。 私たちのエンジニアはA*STARと協力して環境を整え設置を行い、システムの使用方法に関するトレーニングを提供しました。 Pacific TeckはA*STARのアフターセールスサポートの最初の連絡先です。


BeeGFS logo

パラレルファイルシステム

BeeGFS

BeeGFSはユーザーデータを複数のサーバーにユーザが意識することなく分散。 システム内のサーバーとディスクの数を増やすことで、ファイルシステムのパフォーマンスと容量をご要望のレベルまで容易に拡張することができます。小さなクラスターから数千ノードのエンタープライズクラスのシステムまでシームレスに拡張可能です。