日本語 English

Spookfish

spookfish

Spookfishとは

Spookfishは、西オーストラリアに拠点を置く航空測量システムです。 彼らはNFSストレージを使用して、利用する予定の地形に関する最新の情報が必要な顧客に高解像度の画像を提供していました。 この情報はGISおよびCADアプリケーションにフィードできます。ただし、NFSファイルシステムはパフォーマンスのボトルネックであり、より高速なソリューションが必要です。

プロジェクト背景

Spookfishは、アプリケーション、メタデータ、ストレージがすべて1つのサーバーに統合された統合ストレージにBeeGFSをインストールしました。 これらの統合ストレージサーバーのうち40台は、飛行機のカメラからマップデータを取り込み、大小のファイルサイズをすばやく処理します。

システムアーキテクチャー

Metadata server x 6​

  • Supermicro chassis with 4 x Intel Xeon X7560 and 256GB RAM​
  • Only performs MDS Services​
  • Metadata target x6 with buddy mirroring​

Converged storage server x 40​

  • DELL R730 with 2 x Intel Xeon E5-2650v4 CPU’s and 128GB of RAM​
  • Storage servers also perform processing for applications​
  • Uses Linux cgroups to avoid out-of-memory events​
  • cgroups not used for CPU usage and so far no issues of CPU shortage​
  • Storage target x 160 with buddy mirroring​

10GB/s Ethernet

成果

「BeeGFSを使用すると、以前のNFSサーバーを使用した場合よりも約3倍高速に処理できるようになりました。 読み取り速度は最大10GB / s、書き込み速度は5-6GB / sです。」 – Spookfish​

Pacific Teckの役割

Pacific Teckは、ThinkParQ開発者と緊密に協力して、この統合ストレージソリューションの高度なチューニングを提供しました。 他の並列ファイルシステムはパフォーマンスと柔軟性を維持するのに苦労していますが、BeeGFSのユニークな能力を発揮して両方の世界のベストを提供することができました。 SpookfishがBeeGFSを使用してストレージテクノロジーの境界を押し広げているため、Pacific Teckは、製品のパフォーマンスをさらに向上させるためのサポートの最初のラインです。


BeeGFS logo

パラレルファイルシステム

BeeGFS

BeeGFSはユーザーデータを複数のサーバーにユーザが意識することなく分散。 システム内のサーバーとディスクの数を増やすことで、ファイルシステムのパフォーマンスと容量をご要望のレベルまで容易に拡張することができます。小さなクラスターから数千ノードのエンタープライズクラスのシステムまでシームレスに拡張可能です。